お墓参りをする目的の決め方

人間は出合いもあれば別れもあるため親族や知人が先立たれることもあり、お墓参りをすることで生前のことを思い出すきっかけになります。人生は何年生きるか事前に決められていませんが、お世話になった祖父や祖母、父や母などが先立たれてしまうと心に大きな穴ができるものです。お墓や自宅の仏壇は当時の様子を思い起こすことができ、近況報告をすると今後の人生をどのようにするか考えるきっかけになります。

お墓参りをする目的の決め方は人それぞれですが、生前の故人との思い出などを振り返るとともに今後の人生につなげるようにすると効果的です。人生は一度しかないため悔いを残さないようにしたいもので、お彼岸やお盆休みなどで自宅に帰省したついでにお墓参りをすると故人に誓えます。故人は亡くなっても一緒にいるような感じになり、お墓参りをすることで今後の人生につながるものです。目的を決める時は悲しみを引きずらないように考え、残された人生を充実したものにすると前向きに考えるきっかけになります。

Related Articles

妊娠中のお墓参りは気候の良い時期に

妊娠中は身体が重く感じたり疲労を感じやすくなるなど、身体の変化が起きやすい時期なので、お墓参りに行くなら安定期です。つわりも安定期に入った5カ月から8カ月になると落ち着きますし、行動を起こすにも胎児が安定あるので安心でき […]
Read more

多忙でも可能な限りお墓参りしたいものです

最近は都会に人口が集中し、地方の小都市や田舎の過疎化は一層進行しています。それに伴って、地方の小都市や田舎にある先祖代々のお墓を維持管理する事が困難となっており、墓じまいをして、都会の納骨堂等へ遺骨を移される方が増えてい […]
Read more
Search for: