お墓参りをする目的の決め方

人間は出合いもあれば別れもあるため親族や知人が先立たれることもあり、お墓参りをすることで生前のことを思い出すきっかけになります。人生は何年生きるか事前に決められていませんが、お世話になった祖父や祖母、父や母などが先立たれてしまうと心に大きな穴ができるものです。お墓や自宅の仏壇は当時の様子を思い起こすことができ、近況報告をすると今後の人生をどのようにするか考えるきっかけになります。

お墓参りをする目的の決め方は人それぞれですが、生前の故人との思い出などを振り返るとともに今後の人生につなげるようにすると効果的です。人生は一度しかないため悔いを残さないようにしたいもので、お彼岸やお盆休みなどで自宅に帰省したついでにお墓参りをすると故人に誓えます。故人は亡くなっても一緒にいるような感じになり、お墓参りをすることで今後の人生につながるものです。目的を決める時は悲しみを引きずらないように考え、残された人生を充実したものにすると前向きに考えるきっかけになります。

Related Articles

息子を連れてお墓参り

息子を連れて電車に乗ると、お年寄りの女性2人が 「息子夫婦はお盆にも会いに来ないし若い人たちはお墓参りをしなく […]
Read more

初盆には法要とお墓参りを

四十九日が過ぎて最初のお盆が初盆であり、この時の法要やお墓参りは、他の時よりも力を入れて行います。天国へと旅立 […]
Read more
Search for: