家族が多い人の場合、遺骨をどう分骨すればいいのか分からないのなら、複数の骨壷に遺骨を分けるといいでしょう。そして、その骨壷をそれぞれの場所でしっかり供養することで、故人も安らかに眠ることができます。

遺骨を複数に分けた後は自宅、お墓、海に散骨するなどの色々な方法で供養する方法がありますので、自分がしっかりお参りできる方法を選んでみましょう。

そんな遺骨を分骨するとき、年配の方が反対する場合がありますが、体の中でも一番大切な喉仏は先祖が眠る墓に、その他の遺骨を分骨することで年配の人も納得してくれるでしょう。

また、散骨がしたい親族に対しては、遺骨を分骨をしておけば一部だけを残してもらい、自分の元へと置いておくことができます。

倉敷市で個人の供養に悩まれている方も多いと思いますが、 故人といつまでも離れられないのであれば、遺骨を遺影と一緒にコンパクトな仏壇に飾るのもいいでしょう。その仏壇もリビングタイプや洋風タイプ、ミニタイプなど様々な大きさがありますので、自分の家のスペースを考えて、選んでみてはいかがでしょうか。
Search for: