お盆のお墓参りに浴衣を選んでも良いのか

真夏の最も暑い時期に迎えるお盆は、1年の中でもお墓参りに行く人がとても多くなります。夏場ということでお墓参りに行く際には、涼しく過ごせる恰好で出かけることになりますが、夏といえばお祭りです。お祭りに限ったことではありませんが、夏の日本のファッションに浴衣は外せません。真夏であれば浴衣姿で、盆踊りに行ったり花火大会へ行くなど、夏ならではのイベントを満喫できます。またお盆にはお墓参りにも行きますので、その際に浴衣を着用したいと考えることもありますが、果たして浴衣でも良いかは若干迷う部分です。お祭りなど遊びに行くために着用するのは良いものの、お墓参りに浴衣を選ぶのは失礼といった考え方もあります。現代人にとって浴衣は夏の和装ファッションですが、もともと浴衣は寝巻きです。ご先祖様を第一に考えて感謝をするお墓参りに、本当にふさわしい恰好かというと考えてしまいます。素敵な柄や色の浴衣は多くありますが、部屋着の部類に入るのは否めず、だからと言って絶対にダメというわけでもありません。

Related Articles

鹿児島のお墓とお墓参り

鹿児島と言えば、日本の中でも封建的なイメージがあるが、実際女は男を立てるもの、女は男の言うことに従う(「ぎを言うな」・・・諸説あるが、男の言うことに対して、反対や疑問を呈するな、もしくは議論をするな、屁理屈を言うななどと […]
Read more

初盆には法要とお墓参りを

四十九日が過ぎて最初のお盆が初盆であり、この時の法要やお墓参りは、他の時よりも力を入れて行います。天国へと旅立ったご先祖様が、亡くなってからはじめてこの世に戻るのが初盆だからです。法要やお墓参りをする期間としては、お盆の […]
Read more
Search for: