妊娠中のお墓参りは気候の良い時期に

妊娠中は身体が重く感じたり疲労を感じやすくなるなど、身体の変化が起きやすい時期なので、お墓参りに行くなら安定期です。つわりも安定期に入った5カ月から8カ月になると落ち着きますし、行動を起こすにも胎児が安定あるので安心できます。反対に運動も不向きでつわりも多い妊娠初期は、不安定さゆえにお墓参りはお休みした方が無難です。時期が安定期であっても、季節的なことも妊婦の場合は考慮したうえで、お墓参りへ行くかを決めます。霊園にあるお墓は基本的には屋外ですから、日差しの照り付けが激しい真夏と、寒さが一層厳しくなる真冬は避けることです。お線香をあげるだけではなく、お墓周りの雑草を取り掃除をしたりすると、お墓参りといってもあっという間に2時間くらいは過ぎてしまいます。極端な気候の真夏や真冬だと、屋外での作業自体厳しいです。女性が妊娠中の時には、まずは自分の体調や季節などを最優先して、お墓参りに行くか少し先にするかを決めるようにします。

Related Articles

初盆には法要とお墓参りを

四十九日が過ぎて最初のお盆が初盆であり、この時の法要やお墓参りは、他の時よりも力を入れて行います。天国へと旅立ったご先祖様が、亡くなってからはじめてこの世に戻るのが初盆だからです。法要やお墓参りをする期間としては、お盆の […]
Read more

お墓参りをする目的の決め方

人間は出合いもあれば別れもあるため親族や知人が先立たれることもあり、お墓参りをすることで生前のことを思い出すきっかけになります。人生は何年生きるか事前に決められていませんが、お世話になった祖父や祖母、父や母などが先立たれ […]
Read more
Search for: