一般的に遺骨は納骨堂やお墓に収めて供養をしますが、違う場所へ遺骨を移すこともあります。遠方のお墓の管理ができないため、家の近くのお墓へ遺骨を移動したいなど、改葬の理由は実に様々です。改葬は大きく分けると4つの手段があるので、ニーズに合った手段を選ぶことができます。遺骨全部を移動するか一部のみの移動か、分骨で移動は一部にするか、石碑と遺骨共に移動をするかの4つです。すべて移動ならば、新しい石碑を準備することであり、やり方としては1番ポピュラーでもあります。石碑も遺骨も移動を一緒にするなら、改葬先となる霊園や寺院に確認が必要であり、持ち込みできるかスペースがあるかなどの把握が必須です。移動するのは一部ならば、新しい石碑を用意して、一部移動の分骨ならば分骨証明書の発行をしてもらいます。分骨証明書発行依頼をするのは、火葬場や既存墓地の管理者に対してです。遺骨と石碑の同時移動と、すべての遺骨移動のときには、墓地の状態を元のように更地にします。
Search for: